パパさんの・・・     オヤジの暇潰し

パパさんの・・・     オヤジの暇潰し

6弦、7弦、8弦、9弦ギターの事やら機材の事やら・・・たまに愛犬の事やら・・・


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mesa/Boogie 真空管・・・

Category: アンプ   Tags: ---


Mesa/Boogieのアンプを長く使ってますが、当初から気になっていたのは『真空管』。

他のアンプだと真空管を取り換えるのにはバイアス調整が必要な機種が沢山ありますよね?

あ、『パワー管』の話ね。 プリ管は12AX7であれば、融通が利くと。


でも、Mesaの場合はチョッと違う。

純正品で有ればバイアス調整の必要は無し。

でも、気になっていたのはパワー管に記載されてる『カラーコード』と呼ばれる、イエロー、レッド、ブルー、グレイ等の色分けと数字とアルファベットの表示。

過去に耳にしたのは、カラーコードや数値によって音が違う、と・・・。

何かね・・・

画像が横になったりさかさまになったり・・・

面倒だからそのまま・・・

DSC_0587.jpg
DSC_0591.jpg



歪の弱い物、歪が強い物、中間の位置に有る物、低域重視や中域、高域重視・・・

これは実際には「markーⅢ」辺りまで?のバックパネルにマジックで1~3cmの印が付けられた物に当てはまる事例で、真空管のカラーコードでの区別では無いと・・・。

因みに、ウチの「markーⅢmedium head」と「markーⅢ short head」の裏側の左端にあります。

青のマジックと・・・
DSC_0577.jpg


グリーンのマジックで。
DSC_0576.jpg


「markーⅣ」には有りません。
DSC_0575.jpg


印が付けられたマジックの色は、必ずしも真空管のカラーコードと同じでは無い筈です。

それに、グレーのマジックってのも不自然だしね。

でも、この他に黒と赤は有ったかな・・・?

忘れちゃった・・・。




「知恵袋」とかでは「真空管の交換はカラーコードを合わせて・・・云々」なんて回答が多いようですが、パソコンに向かって長々と文字を打つ時間が有るなら、代理店にメールや電話で直接問い合わせた方が正確だし手っ取り早くね?

自分が最初に手に入れた「markーⅢ」の時期なら『モリダイラ』


DSC_0579.jpg



「markーⅤ」の時代の今は『キョーリツコーポレーション』。

多分、返事は言葉の端々に違いはあれど、概ねこんな内容だと思います。




株式会社キョーリツコーポレーション・カスタマーサポートです。
この度はお問い合わせいただき、まことにありがとうございます。

『Mesa/Boogie』のアンプにつきましては、アンプ自体はバイアス固定で調整されており、
また、『Mesa/Boogie』アンプは従来の他社製真空管アンプと異なり、

従来型他社製真空管アンプ→真空管に対してアンプ側を調整する。(バイアス等)


『Mesa/Boogie』製アンプ&真空管→アンプに合わせた真空管のみを製造する。



という違いがあります。


『Mesa/Boogie』製真空管自体にはラベルが貼ってあり、
これに数字やカラーの記載がございますが、
主に製造ロット等の区分け用に記載されておりますので、
新規でご購入いただく際には、
数値やカラー指定等は不要で、
『Mesa/Boogie』のロゴ入り真空管は、
全て同一品と考えていただいて結構でございます。

従いまして、電池と同じ様に新品と中古品や、
新旧の織り交ぜ等を避けて頂き、
新品で同一時期にご購入いただいた物であれば、
ラベル内容は気にせずにご使用いただけ、
アンプ本体の再調整も必要ありません。



他に何か製品に対してのご不明点等ございましたら、
ご連絡いただければと思います。
今後とも『Mesa/Boogie』製品をよろしくお願い致します。

と言われる筈です。

インターネットで正体不明の相手の言葉を鵜呑みにするより、然程変わらない手間で代理店の担当者に聞いた方が安心出来るんじゃ~無かろうか?


ただね、真空管を換えるとプリ管程の変化はなくってもパワー管でも音は変わりますよ?

個人的に、真空管をあれこれ入れ替えて音の違いを楽しんでます。

P1060057.jpg

DSC_0262.jpg


値段の高い真空管だからイイ音、安価な物だからショボイ音、って事では無いですよね?

自分の好きな音が出せれば、ソレがベストな訳で・・・。


※真空管の取り扱いには十分な知識を持たないと危険だとされています。

個人で交換等を行う際にはあくまでも『自己責任』で。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

 
ストレフリーでいいですねぇ
アンペグも簡易バイアス調整ついてますが6本マッチドが前提なようで…
び~ちゃん・・・ 
マッチド、って言っても実際の数値は若干違ってくる筈なんだよね?

バイアスポイントのチョッとした数値の違いは、どんなアンプでも許容範囲だとおもうんだけどな~・・・。

余程じゃない限り、簡単には壊れないと思うんだけど。

mesaは出来あがったヘッドアンプ等をハンマーで何十回だか叩く、ハンマーテストって有名なのがあるけど、真空管もハンマーの柄でカンカン叩いてたり・・・

甘やかし過ぎかも・・・。

FC2カウンター
プロフィール

パパさん

Author:パパさん
ギターの事やら車の事やら・・・
たまに愛犬の事やら(#^.^#)

Support by iku

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。