パパさんの・・・     オヤジの暇潰し

パパさんの・・・     オヤジの暇潰し

6弦、7弦、8弦、9弦ギターの事やら機材の事やら・・・たまに愛犬の事やら・・・


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れ・・・

Category: カリフォルニアキングスネーク   Tags: ---


※閲覧注意 蛇の画像が有ります

我が家のカリフォルニア・キング・スネーク 『デビッコ・カバーデイル』が10月1日に亡くなってしまいました。



ウチの家族になって2年と8カ月。


産まれてから3年と22日。



今年に入ってから拒食が始まり、1か月以上食べない事が続いたために強制給餌に踏み切りました。

強制給餌と言っても、口を開けてそこに餌を入れてあげるだけの初期段階とでも言うのでしょうかね?



そのうち脱皮も上手く出来なくなっていたので、その都度手伝ってあげたり・・・

湿度も十分な筈だったんですが、途中まで脱いだら止めてしまう状態が続いてました。


そこで、洗面台にぬるま湯を張り、彼女の身体を浸しながら脱皮のお手伝い。

脱ぎ終わった後には俺の指に絡まりながら、まるでチョッとはしゃいでいる様にも感じました

強制給餌も最初は小さめのサイズ1個から始まり、徐々にサイズアップして、調子のイイ時には大きめのを3つ食べてくれていました、

呑み込むまでに時間がかかり、時には1時間掛かる事も珍しくありませんでした。

でも、吐き戻す事は一度も無く、時には元気に動き回っていたんです。


それが、9月29日の夜の強制給餌。

いつもの時よりも、『頑張って自分で食べよう』という位に一生懸命に口を動かして呑み込もうとしていたので、時間は掛かりましたが、少し安心して見ていました。



9月30日、バンドのリハが終わって帰宅した時にikuちゃんが

『パパ、でびちゃんしてるよ~』の声に、ケースの中をみると普段よりも多めのウンチ・・・


でも、なんか違和感が・・・

彼女を持ち上げ、確認してみると消化されてない餌がありました。

初めて吐き戻したようです。

流石に活発な動きはしませんでしたが、特別な変化はなかったと・・・

その日は彼女の身体とケースの掃除をして終わったんです。


翌朝、仕事前にケースを覗いて見ても異常は感じられなかったのでそのまま仕事へ・・・


帰宅後、すぐにikuちゃんが

『パパちゃん、でびちゃん動かないの・・・ ケースを開けて突いてみたけど動かないよ・・・』

ウソだろ?と思ってケースを開けて、彼女を持ち上げても反応はありませんでした。

『家に帰って来るまで言わない方がイイと思って、電話しなかったの・・・』とikuちゃん。


今迄なんとか餌も食べてたけど、流石に吐き戻しちゃったら病院行って診て貰おうかと、今日帰ったら病院探さなきゃって・・・

でも、間に合わなかった。


ikuちゃんが『何が原因だろ・・・?』って。

思い付く原因はたったひとつ。

「俺だろ・・・」

本来ならば13~15年の寿命なのに、5分の1で終わらせる事になったのは俺だろ・・・


他に原因なんか無いよね。

もっと早くに病院に連れていけばよかっただけ。

俺が無知だっただけ。




P1040760.jpg

画像はウチに来て暫く経ってますが、ハンドリング中に餌と思い込み指にかぶりつく『でびちゃん』・・・

P1040618.jpg


この頃はまだ30cm位だったかな・・・


DSC_1281.jpg

9弦ギターと記念撮影もして貰いました。

コレはデスクトップの背景画像にもなってます。



DSC_0914(1).jpg

『でびちゃん』・・・

楽しい時間を有難う・・・

そして本当にごめんね・・・


関連記事
スポンサーサイト

Comments

残念だけど 
たとえ寿命が短かったとしても
デビッコ・カバーデイルちゃんはパパさんの家に来て
幸せだったと思います。
こっぺさん・・・ 
有難う御座います・・・。

色々考えますが、やっぱ食欲が落ちた時点で病院に連れて行くべきでした。

蛇は拒食が有って当たり前、対処法は~とか、その時の給餌の仕方は~とか、色々調べての上でやって見ましたが、所詮は一般論であって、個々によって違うからと考えなかった自分に腹が立っています。

別の飼い主だったら・・・

もっともっと長生き出来たんでしょうね。
ご冥福をお祈りします 
 “命の終わりは次の命への出会いである”と私は信じています。
 パパさん、自分を責めないでください、デビちゃんが悲しむだけです。
 彼女は忘れものをとりにいったん帰っただけなんです。
 
 数年前に読んだ本に、ヒトと暮らす動物たちは、みんな渡り船に乗って天の川を渡るのだと書かれていました。
 そうして、行くおうちの上まできたらそこから降りていくそうな
 そのとき、船頭さんから風呂敷に包まれた“おみやげ”を渡されるそうです。
 それはヒトと暮らすうえでとっても役にたつものがたくさん詰まっているそうな
 ところが、たまーに、とってもせっかちな子がいて“おみやげ”を渡される前に船から飛び降りてしまうんですと…
 だからあとで忘れ物に気付いた子は大慌てで取りに戻るのだそうな

 だから、パパさん自分を責めないでください
 デビちゃんはきっと“おみやげ”持ってパパさんのもとに現れますよ!

 小さな命を尊ぶパパさん、ikuさんに敬意を表し、心よりご冥福をお祈りいたします。                         合掌
HIROMIさん・・・ 
有難う御座います・・・

ただただ、悔しさと情けなさで一杯でした。

幾らそんな風に思い詰めても彼女が戻る訳じゃないんですけどね。

ずっと我慢してたんですが、HIROMIさんのコメントを見て泣いてしまった・・・。

本当に有難う御座います。
 
蛇の寿命ってものがどれくらいなのかは分かりませんが、大事に可愛がられてたから幸せだったと思いますよ。鳴いて痛みを訴えたりもできないし体調の変化に気づくのも難しいんでしょうね。「白蛇は神様の使い」と聞きます。デビちゃんも神様の元へ戻ったはず・・・
我が家のチンチラさんもうちの子になって8年ですが、個体差もありますし飼われる環境にもよるけど平均寿命が10年から20年とめっちゃ開きがあるんです。できるだけ長生きして欲しいけど、こればっかりは「神のみぞ知る」ところだと思います。
マジェさん・・・ 
蛇の寿命も種類によって違うんでしょうけど、ウチの子達の種類では13~15年って言われてるようです。

なんだかね・・・
やっぱケースも掃除はしたけど、そのままで片付けられずにいます。
見る度に辛くはなるんですけど・・・

自分自身に対する『戒め』ではありませんが、なんとなくね・・・。

有難う御座います。

FC2カウンター
プロフィール

パパさん

Author:パパさん
ギターの事やら車の事やら・・・
たまに愛犬の事やら(#^.^#)

Support by iku

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。